森の種陶工所

 大阪府交野市で日常使いの器と家の器を制作しています。
 2016年夏から京都府綾部市への移住のため、古民家改修をはじめました。

 私たちの暮らしの仕事、「暮らしごと」を綴ります。
2月11日、9時半発。

この週末は、ニュースでは『西日本、日本海側、大雪に注意』と騒がれていました。
数日前から「ほんとに行くの?」と確認するものの「うん、行くよ」というようなのんきな返事をするばかりの主人。

工房のまわりにも雪がほんのり積もっていました。
これから先の旅路、どうなることやら。無事に帰ってこれますように!

P2110476

高槻から亀岡に抜ける山道は白くてヒヤヒヤ。

P2110481

今回ももちろん与太郎連れです。

P2110483

お手洗いを借りがてら、亀岡のBOOK OFFへ。
主人はお風呂で読む用の文庫本を、私はよしもとばななの文庫本5冊と有元葉子さんの料理本を買いました。
途中、園部のAコープでめったに買わないお弁当を買って車内で食べました。
冷たくてお腹が冷えて、参ったという気持ちになりました。

京丹波のあたりは猛吹雪です。いよいよ雪国です。

P2110484

綾部に入ると、さらに雪が深くなります。

P2110487

P2110492

実は今年に入って初綾部入りの私。わぁ~すごい!とはしゃぎながらも、我らの集落に近づくにつれて屋根の上の雪のかさを見ながら言葉少なになってきます。

P2110497

すごい、美しい、の連続です。

P2110500

P2110501

13時すぎに我が家に到着しました。
どこが道で畑で物干し場で…まったくわかりません。

P2110516

足を一歩踏み入れると、こんな感じ。

P2110505

足がどこまで埋もれるのか、どこに着地するのかわからない恐怖を初めて味わいました。

まずは持ってきた荷物を下ろすために主人が道作り。

P2110504

私は母屋から離れの道を。

P2110510

母屋の玄関から、道路に向いたところ。
屋根から落ちてきた雪で、雪の塀ができています。1mはゆうに超えています。

P2110513

私たちのライフラインが完成です。外界と繋ぐ、まさに命の道です。

P2110515

いつもの景色が全く変わって見えます。そして、誰もいなくてとても静か。
雪が「しんしんと降る」という表現は見事だなぁと思いました。

P2110518

夏にあれだけ雑草と格闘した畑も。

P2110523

雪の積もった木々は幻想的でした。

P2110524

離れに荷を降ろし、主人は離れの屋根の雪下ろし。

P2110529

室内では食事の仕込み。今回は寒いのでカレーに頼ることにしました。

P2110525

18時になり、あやべ温泉に向かいました。
美しいけど、生きた心地がしないです。

P2110536

P2110539

あやべ温泉の灯りを見るとほっとしました。冷えた体にサウナが気持ちよすぎました。

P2110540

帰りはもちろんもっと怖いです。

P2110547

つづく

written by akiko
 

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 2017年2月の記録5 電気窯搬入編
  • 2017年2月の記録5 電気窯搬入編
  • 2017年2月の記録5 電気窯搬入編
  • 2017年2月の記録5 電気窯搬入編
  • 2017年2月の記録5 電気窯搬入編
  • 2017年2月の記録5 電気窯搬入編
  • 2017年2月の記録5 電気窯搬入編
  • 2017年2月の記録5 電気窯搬入編
  • 2017年2月の記録5 電気窯搬入編
  • 2017年2月の記録5 電気窯搬入編
  • 2017年2月の記録4 雪かき編
  • 2017年2月の記録4 雪かき編
  • 2017年2月の記録4 雪かき編
  • 2017年2月の記録4 雪かき編
  • 2017年2月の記録3 スリップ事件編
  • 2017年2月の記録3 スリップ事件編
  • 2017年2月の記録3 スリップ事件編
  • 2017年2月の記録3 スリップ事件編
  • 2017年2月の記録3 スリップ事件編
  • 2017年2月の記録2 大工さんの下見編
  • 2017年2月の記録2 大工さんの下見編
カテゴリー