森の種陶工所

 大阪府交野市で日常使いの器と家の器を制作しています。
 2016年夏から京都府綾部市への移住のため、古民家改修をはじめました。

 私たちの暮らしの仕事、「暮らしごと」を綴ります。
11月13日の続きです。

屋根裏からシバを下した後は、ワラを落としていきます。

ワラ、いつの時代の方がここに持って来られたのか…こんなにたくさん保存されていました。

PB130338

ワラも、入口付近にかき集め…

PB130339

落として、出して、トラックに積んでいきました。

PB130337

PB130335

トラックがすぐにいっぱいになりました。

PB130334

ワラは自分たちの畑に持っていき、撒くことに。肥料になってもらいます。

PB130350
 
PB130355

これをなんと、4往復。
足元に残ったワラも一気にまとめて…

PB130364

PB130365

PB130367
 
PB130368

PB130369

ここで、マークンとワイチャンはお帰りに。
ふたりだけではこんなに一気に片付けることは絶対に不可能でした。覚悟を決めていたこの作業が、まさか1日で終わるとは…ほんとうに感謝です。 ありがとうございました!

しかし、屋根裏にはまだ束がほどけたワラや、床に5cmくらいホコリが積もっています。ここからはふたりでの作業で、熊手や手でかき集めました。

PB130386

PB130385

PB130389

ブルーシートの上に落とし、トラックがないのでブルーシートを引きずりながら畑に持っていきました。
その距離、約300m。

PB130391

PB130393

2回目。
まるで牧場のようです。

PB130396

そろそろホコリが立ってきて、動物のフンもたくさんあります。

PB130398

PB130399

床が見えてきました。
ただ、この床板、置いてあるだけなので、簡単にずれます。
私は「魔女の宅急便」のオープニングのように片足が思い切り隙間にはまり、3階の高さから下まで落下しかけました。あまりにも恐怖で一気に疲れが出て、この日のやる気を失いました。

しかし、がんばる主人。
2回目は網戸のような土ふるいの枠の上に置き、車で引きずってきました。

PB130400

3回目も、同じように運びました。

4回目。

もうさすがにホコリがすごいのと、疲れているし、もうここからは落とすのではなく、ごみ袋に入れた方がよいのでは…と思ったのですが、どうしてもこの日のうちに終わらせたかったらしい主人は止まりません。

PB130402

防塵マスクも効かなくなってきました。

PB130403

PB130405

おかげさまで、1階や外に置いていたものなどがホコリマミレになりました。

さすがにこのあたりで主人も疲れ果て、この日は終了。
ふたりとも鼻の中まで真っ黒になりました。

いつも節約のため自炊するのですが、さすがにこの日はあやべ温泉の食堂でごはんを食べました。
清潔な体で、温かい場所で、あったかい地元の鶏のから揚げ定食。
しみじみと、心の底からおいしかったです。

PB130408

こちらは避難場所となった、離れ。
すきま風はあるものの、大きな灯油ストーブを持ってきたのであったかです。

与太郎は日中、誰にも邪魔されず寝袋でぐっすり眠っていたので、夜になるとものすごく元気。

PB130410

早く寝たいのに、スーパーの袋で遊びんだり、ガシャガシャドタバタと大騒ぎし、寝かせてくれないのでした。

written by akiko

Add Comments

名前
 
  絵文字
 
 
ギャラリー
  • 2017年4月の記録4 初トラクター編
  • 2017年4月の記録4 初トラクター編
  • 2017年4月の記録4 初トラクター編
  • 2017年4月の記録4 初トラクター編
  • 2017年4月の記録4 初トラクター編
  • 2017年4月の記録4 初トラクター編
  • 2017年4月の記録4 初トラクター編
  • 2017年4月の記録4 初トラクター編
  • 2017年4月の記録4 初トラクター編
  • 2017年4月の記録4 初トラクター編
  • 2017年4月の記録4 初トラクター編
  • 2017年4月の記録3 解体開始編
  • 2017年4月の記録3 解体開始編
  • 2017年4月の記録3 解体開始編
  • 2017年4月の記録3 解体開始編
  • 2017年4月の記録3 解体開始編
  • 2017年4月の記録3 解体開始編
  • 2017年4月の記録3 解体開始編
  • 2017年4月の記録3 解体開始編
  • 2017年4月の記録3 解体開始編
  • 2017年4月の記録3 解体開始編